クラフトフェアin屋台のまち中央公園
2011 / 09 / 26 ( Mon )
9月25日(日)鹿沼市の屋台のまち中央公園で、鹿沼市や県内外の木工・陶器・ガラス・金属・革・紙・布など様々なジャンルの手作りクラフト作家とその展示会が行われました。

kurahutoheleatirasi.jpg

入り口の表示 なかなかステキです!

kurahutoiriguti.jpg

野外エリアでは、手作り作家の展示即売や体験コーナー、石窯焼きピザや軽食の販売、バンドの演奏などが行われました。秋のさわやかな風に吹かれながらのんびりとテーブルに座って飲食する家族連れの姿が目立ちました。

yagaieria.jpg

屋台展示館は特別に無料開放されていました。中では屋台の見学だけでなく、鹿沼民話の会の民話も聞けました。

yataitennjikan.jpg

麻商の故長谷川氏が造営した美しい庭園である「掬翠園」内も開放されて、ステキな作家さんたちの展示即売が行われていました。庭園の美と作品の美がなぜかいい感じにマッチングしていて訪れた人を楽しませてくれました。作家さんたちとの会話によるコミュニケーションもすごく良かったです。

teien.jpg

和室や茶室の中でも様々な作品と作家さんたちが待っていてくれました。もともと木工のまちである鹿沼市の職人さんたちの組子やお盆、小鉢、新しい発想の小物などこれは素晴らしいなと思える作品がいっぱいでした。

wasitutennji.jpg

主催した鹿沼市観光物産協会のK局長のお茶のみを使ったクラフト「茶ー実ー」、今回の仕掛け人の発想とアイデアに拍手です!

chamiy.jpg

今年からのイベントでしたが、鹿沼市の組子など伝統的なものも、新しい感性で作られた作品も楽しめてとても良かったと思います。カップルや家族連れが多く、作家さんたちとのやりとりも楽しみながら、ゆっくりとした時間を楽しむ姿が見られて新たな鹿沼市らしさが生まれたように感じました。もうすぐ行われる鹿沼ぶっつけ秋祭りで活躍する屋台に感心を持ってもらう上でも意味のあるイベントだと感じました。


スポンサーサイト
21 : 53 : 48 | 鹿沼市観光ボランティア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
勝道上人修行の地、ツツジの名所古峰ヶ原高原
2011 / 06 / 01 ( Wed )
5月31日(火)の午後に代休を取り、鹿沼市の観光ボランティア養成講座で今年度新たなコースに入れる予定の古峰ヶ原高原に行ってきました。古峰ヶ原高原は、鹿沼市と日光市の境目にある標高1,300mの高原台地です。日光開山の祖勝道上人修行にゆかりの史跡やツツジやズミの名所になっている古峰ヶ原湿原があります。

半日しか時間がないので急ぎの山歩きになりました。往復8km程度を約3時間ほどで歩きました。ここが登山道の入り口です。

tozanndouiriguti.jpg

登山道に入ってすぐに「へつり地蔵」がありました。江戸時代に若い修行僧が厳しい修行に耐えきれず、逃げてきてこの場所で捕らえられて殺されてしまったのを哀れんだ地元の人々が建てたと言われています。「へつり」の意味は山中の絶壁や川岸の厳しい場所をさします。

heturijizou.jpg

30分ぐらい登ると古峰ヶ原湿原に到着します。台風の通り過ぎた影響で山道には、カバの木の実や様々な若葉、ヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオの花が落ちていました。古峰ヶ原湿原は、ズミとヤマツツジが見頃で素晴らしかったです。ここには、無料で泊まれる避難小屋の古峰ヶ原ヒュッテとトイレがあります。時間が許すなら泊まってビールを飲みながら星空を眺めたいなと思います。

situgenntohyutte.jpg

zumitubomi.jpg

時間がないので休憩もそこそこに3枚石を目指しました。ツツジの木々の中を登っていくと尾根に出て平らな道になります。さらに進むと3枚石に着きます。神様のいたずらか大きな石を3枚積み重ねたように見えるのが本当に不思議です。この付近では「マイズルソウ」が咲き始めていました。

maizurusou.jpg


sannmaisihi.jpg

今来た道を戻って再び古峰ヶ原湿原に向かいました。ヒュッテの前の道を西に進むと「深山巴の宿」に着きます。
「深山巴の宿」は、勝道上人やその弟子たちが厳しい修行を積んだところです。特に厳寒期の修行は過酷であり、衰弱死した修行僧も少なくなかったと伝えられています。残念ながらバッテリー切れで写真が撮れませんでした。
またの機会を考えたいと思います。

ここは、鹿沼市でありながら奥日光同様に豊かな自然を残しています。歴史的に意味のある史跡もあり皆さんにはおすすめしたいコースです。古峰ヶ原湿原へは登山道を歩かなくても直接車で向かうこともできます。高齢者など山道歩きが難しい方は「古峰ヶ原湿原」と「深山巴の宿」を歩くだけでもいいでしょう。ただし、ゴミを残したり、植物を採集したりするなどくれぐれも豊かな自然環境を壊すことのないようにはしてほしいと思います。
23 : 31 : 21 | 鹿沼市観光ボランティア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |