「あそび・あそべの楽校」の水の中の生き物観察
2011 / 06 / 25 ( Sat )
6月25日の午後は、ワクワクおもしろ教室が子ども夢基金を使って行っている「あそび・あそべの楽校」のお手伝いに行ってきました。小・中学生を対象に自然体験や科学体験、昔遊び体験、表現活動など様々な体験活動を6回シリーズで行う企画です。

森ちゃんは、その1回目の自然体験で「川の生き物調べ」をやりました。子どもたちは、鹿沼市内の様々な小学校から参加していました。初回で顔を合わせるのが初めてだったのでちょっとアイスブレイクも行いました。

アイスブレイクの後、本当は生き物調べに入りたかったけど、相変わらず雨が降っていたのでプロジェクトワイルド版の「私はだれでしょう」をやったり、ホタルやトンボの科学絵本を使って説明をしたりしながら雨が上がるのを待ちました。早く外に出たくてやんでもいないので外に行こうとする子どもたちの気持ちを抑えるのが大変でした。いよいよ雨が上がって文化活動交流館と情報センターの間を流れる小川で生き物調べを行いました。みんな大喜びでした。

生きもの観察

人工的に作られた川なのですが、思った以上に生き物がいました。細長いハグロトンボのヤゴや平べったいコオニヤンマのヤゴもいました。脱皮したばかりのアメリカザリガニもいました。全部で9種類ほど見つけました。子どもたちはもちろん、お母さん方でも興味を持った方がいて、できればもっときれいな川で豊かな生き物たちが生存しているのを体感してもらえるとうれしい気がしました。それにしても子どもたちに豊かな体験を提供しようと活動している加藤さんを中心としたスタッフの皆さんのすばらしさを改めて感じました。
スポンサーサイト
21 : 15 : 39 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
東日本大震災で県内に避難している方の交流会
2011 / 06 / 25 ( Sat )
6月25日の午前中は、鹿沼市民活動サポーターズのメンバーが、5月から続けている東日本大震災で県内に非難されている方の交流会のお手伝いをさせていただきました。南相馬市や浪江町から震災直後に鹿沼市や日光市に避難している方で、その後も県内に残っている方々の交流会です。今回は、会場を鹿沼市の自然体験交流センターにしてバーベキューをしながらの交流を行いました。

バーベキュー1


森ちゃんは、集まっていただいた方々のアイスブレイクをお手伝いさせていただきました。生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者まで幅広い方々が対象だったのでなるべく簡単なゲームを行いました。いろいろなじゃんけんゲームや命令ゲームなど誰でもできるゲームを行いました。わずか1時間程度でしたが、思った以上に参加者の皆さん方の笑顔が見られ、楽しんでいただけたのでとってもうれしかったです。森ちゃんも気持ち的には現地に行って何かしたいけど、続けて休みが取れない状況で、こっちでもできることで頑張るしかないかなと感じています。

バーベキュー2

バーベキューも一緒にやって、もっと交流したかったんだけど午後から「あそび・あそべの楽校」の生き物観察の依頼があったので途中までしか参加できず残念でした。また、機会があったら少しでも自分の持っているものをみなさんのために役立てたいと思います。
20 : 44 : 42 | 東日本大震災 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
顔の見える地域づくり
2011 / 06 / 19 ( Sun )
今日は、朝から盛りだくさんの一日でした。午前中は、落合地区のソフトボール大会がありました。若手と交代して途中から出場しました。ヒットは打てたけど、残念ながら文挟地区のチームに負けてしまいました。もう夜には筋肉痛で体が痛くなっています。

さて、試合が終わったら、シャワーを浴びて日光中央公民館の「顔の見える地域づくり実践講座」に参加してきました。森ちゃんの尊敬する大好きな宇都宮大学の廣瀬教授のお話が聞けるので非常に楽しみにしていました。その中で今日一番心に残ったことは「人は好き嫌いでまちづくりをする」の一言が印象に残りました。また、人は少しずつ迷惑をかけて生きていかかなくてはいけないと言うのも同感です。森ちゃんもいろいろな人に迷惑をかけながら時には助け、お互い様の関係の人たちによって支えられているのを実感しています。後半は、「好き」をどう作るか、その条件は何かを班ごとに考えました。最終的にはまず、自分が好かれる人にならなければならいと改めて思いました。相変わらず話術の巧みさとその気にさせるテクニックは最高でした。

顔の見える地域づくり実践講座廣瀬先生

講座の後、廣瀬教授と話がしたかったけど地元岩崎のホタル祭りがあったのですぐ帰りました。会長さんの挨拶があって暗くなるまでの間、バーベキューをやりました。昨年度よりも牛肉を増やしたので大好評でした。そば屋のHさんが言い出した初年度はあんまり乗り気でなかった雰囲気があったのですが、小さい子から高齢者までいろいろな世代の人が集まり、交流が生まれるので会長さんも去年あたりから「やって良かった。大成功!」と感じているようです。「ホタル」を理由にみんなで飲み食いしているのが受け入れられたのでしょう。

barbekyu.jpg

森ちゃんも綿菓子機を調達してきて綿菓子を作りました。自分で作ってみたい要望があったので途中から任せました。いつの間にか育成会の会長さんが名人になっていました。なんか子どもにはバーベキュー以上に受けていました。

watagasi.jpg

7時過ぎにようやく暗くなってきたので、ホタルの説明をしました。子どもたちは、結構去年説明したことを覚えていて感心しました。武子川の篠田橋下流あたりには先週180匹近い数を確認しているので行ってみることをお勧めしました。酔っぱらって動きたくない人もいましたが、何家族かは歩いていって鑑賞してくれたようです。小さいときのこんな何となく楽しかったなという感覚が、地元を愛する大人になることにつながってくれればと思います。
23 : 19 : 31 | 岩崎自然環境保全会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
久しぶりの鶏頂山
2011 / 06 / 18 ( Sat )
明日のホタル祭りで使う綿菓子機を豊岡公民館で借りるついでに鶏頂山を登ってきました。今にも雨が降り出しそうだったので駆け足の山登りになりました。

今日は、元鶏頂山スキー場から入りました。山菜採りをしている人が車2台ほどいました。鶏頂山荘のセンターハウスも見る影もなく荒れていました。対照的にレンゲツツジの朱色の花が満開できれいでした。大学時代は、よくこのスキー場にお世話になったのでちょっと寂しい気持ちです。

renngetutuji.jpg

枯沼では、エゾハルゼミとモリアオガエルがたくさん鳴いていました。時々、カッコーの鳴き声が加わり、3部合唱になっていました。ここは沼というよりも湿原て感じです。

karenuma.jpg

行きは、雨が降っていなかったので、フデリンドウが一面に咲いていました。

tateyamarinndou.jpg

池には、サンショウウオの卵がありました。

snnayouuotamago.jpg

枯沼を過ぎてさらに昔のスキーのコースを進むと弁天池がありました。鳥居や石祠、釣鐘がありました。

benntennike.jpg

山頂近くになると急な坂が続きますが、シロヤシオやベニサラサドウダンの花が迎えてくれました。森ちゃんは、このサラサドウダンの釣鐘状の花が大好きです。木によって微妙に色の濃さやスジの入り方が違っているとところがとってもいいです。

siroyasio.jpg

sarasadouann.jpg

頂上近くなった頃、大粒の雨が降ってきました。頂上からの眺めも霧の中でちょっと残念でした。霧の切れ間から隣の御嶽山がようやく見えました。

sanntyouhyouji.jpg

onntakiesann.jpg

帰りは、雨の中の下山になりました。足が滑って転んでしまい、おしりと背中が泥だらけになりました。それでもめげずにワラビをゲットして下山しました。ずぶ濡れになったので帰りに仁王尊プラザの温泉に入って帰りました。





17 : 20 : 41 | 登山・ハイキング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
みんなの善意に支えられての「のびのび子ども遊び・学び教室」
2011 / 06 / 15 ( Wed )
今月の最初にいつも講師をお願いしたりボランティアしてもらったりしている「森のくまさん」から宅急便が届きました。そのときは、「ポスカ」と書いてあったのでそのままにしていました。今日、中身をあけて見たところ、なんと金色と銀色のポスカの寄付でした。気づくのが遅く申し訳ありませんでした。

kumsannookurimono.jpg

第1回のびのび子ども遊び・学び教室の反省会で、Oさんから要望の出ていた金色と銀色のポスカ補充の要望に応えてくれたのです。すご-くうれしいです。

11日には、会長とボランティアのSさんとMちゃんがジャスコのイエローレシートキャンペーンの声かけをしてくれました。黄色いレシートの総額の1パーセントが紙や封筒に交換できるキャンペーンが行われたからです。
特にボランティアのSさんは、真岡市から片道1時間かけて来てくれました。すごーく感謝!感謝!です。なんかみんなの温かい思いの詰まった寄付や行為によってのびのび子ども遊び・学び教室は、支えられているのが実感できます。そういうメンバーの絆によって、これから未来を担う子どもたちの笑顔と貴重な体験の機会を提供できるだと思います。こんなメンバーはすごい宝物です。今夜は幸せいっぱいで眠れそうです。
20 : 04 : 24 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
ポピー満開
2011 / 06 / 13 ( Mon )
今週の日曜日は、地元の岩崎自然環境保全会で、花の苗の植栽とホタル祭りが予定されています。
もうすぐ、ポピーのお花畑も耕されてしまうので写真に残しました。今が最高の状態だからです。
若緑の水田の中にひときわ目立つ赤やピンクのお花畑を耕してしまうのは、ちょっと惜しい気がします。

popi1.jpg

popi2.jpg

popi4.jpg

本当は道行く人にじっくりと時間を取っていただいて、見ていただけるとありがたいんだけど、せちがない現代のこの毎日では、難しいかもしれません。でも、歩いてゆっくり見るからこそ、新たな発見や感動、本物の良さが見つかるのだと思います。
23 : 23 : 02 | 岩崎自然環境保全会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
グリーントラスト保全管理樹林と鶴田沼
2011 / 06 / 12 ( Sun )
6月12日(日)に鶴田のグリートラストの保全管理樹林と鶴田沼を歩いてきました。
グリーントラストの森は、緑を守り、作り、育てるグリーントラスト運動の行われている森です。

torasutokannbann.jpg

リョウブのつぼみが膨らんできました。

ryoubu.jpg

鶴田沼では、ウシガエルが鳴いていました。超望遠レンズを使って写真を撮っている方がいました。確かに街の中でありながらこの一帯は、豊かな自然が残されていました。そのため、涼しく感じました。

turutanuma.jpg

夜7時30分過ぎに地元の武子川で行われる来週のホタル祭りの確認をしました。
今回確認できたホタルの数は、だいたい150匹以上です。写真も載せたかったのですが、手持ちのカメラでは、上手にとれず、載せることができません。残念です。
23 : 05 : 27 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第1回日光学・きらりびと養成講座
2011 / 06 / 12 ( Sun )
6月11日(土)の午後に日光総合会館で「日光学・きらりびと養成講座」の第1回目の講座が始まりました。
第1回目の講師は、過疎高齢化の集落を自治公民館長として人口増に変え、見事に地域活性化に成功した通称「やねだん」の豊重哲郎氏でした。テレビや報道でも何度も取り上げられている行政に頼らない地域再生・村おこしに成功した事例のリーダーの方です。

yanedann1.jpg

会場には、約70名の方が集まりました。予想通り、豊重哲郎氏は地域を自分たちで何とかしないといけないという想いと情熱の持ち主で、常に感謝の気持ちを忘れない素晴らしい人物でした。森ちゃんの感じたキーワードがいくつかありましたのでお伝えします。

①行政に頼らない村づくり
土着菌の活用・地域住民を巻き込んでのサツマイモ植え・結(ゆい)の復活

②テーマは、「文化と子ども」 
古民家にアーティストを呼び交流
村を出て行った息子や娘からのメッセージを地元の高校生の声で放送
半径10mの人々の名前と顔がわかることから地域の教育力は育まれる
地域活動の頂点は小中学校

③自主財源確保
植えたサツマイモで焼酎「やねだん」販売・ビジネス感覚と情熱で人を動かす

④地域づくりと子育ての失敗は許されない!本気でやるぞという情熱と感謝の気持ち

⑤リーダーや仕掛け人は、脇役に徹する!
命令的な口調は避けて、説明は、わかりやすく、丁寧に、数字も使った話でみんなが納得へ
やる気を起こさせれば、奇跡が起きる

yanedann1 (2)

豊重哲郎氏の地域づくりにかける想いと情熱、この講座をしかけた日光市教委生涯学習課の職員のみなさんの想いと情熱が参加した方々にも通じて、具体的な行動となって日光市の地域活性化につながることを願いたいと思います。
18 : 57 : 33 | 日光学・きらりびと養成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
真岡市にのみや野外活動センター
2011 / 06 / 11 ( Sat )
7月に依頼された自然体験ゲームの下見に真岡市にのみや野外活動センターに行ってきました。
県道から入る道がわかりづらいのですが、鬼怒川沿いのとっても素晴らしい施設でした。

irigurti.jpg

あまり広い敷地ではありませんが、80人程度のキャンプにはちょうどいい感じでした。テントサイトもきれいに整備され、テントやキャンプ用品も新しいものがそろっていて快適そうです。炊事棟もあり、薪や炭も購入することができます。

suiijitou.jpg

すてきな自然観察池があり、アサザとヒツジグサが咲いていました。

sizennkannsatuike.jpg

asaza.jpg

hitujigusas.jpg

鬼怒川沿いには、展望広場があってバーベキューができるようになっていました。8月20日(土)が、地元の花火大会なのですが、このセンターが最高の場所らしく、3ヶ月前の申し込みは、わずか30分で定員になったそうです。バーベキューしながら花火を鑑賞するのは最高ですから当然ですね。

tennbouhiroba.jpg

施設もとってもいいのですが、管理しているスタッフの方の笑顔が、最高でした。こんなに素晴らしい施設を使わない理由はないと思います。鬼怒川を渡った反対側に「道の駅しもつけ」がありますから、食材はかなりいいものを調達できるかと思います。

makisouko.jpg


10 : 55 : 34 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なかよし通りウォーキング
2011 / 06 / 05 ( Sun )
最近、増田俊雄さんの『とちぎ「里・山」歩き』という本を買いました。その中で「なかよし通りで中央公園へ」というコースが気になったので歩いてきました。

中央公園に行く前にお昼を食べました。13:30過ぎに「和の中」に行ったのですが、まだお店の外で待つようになってしまいました。大好きなラーメンを食べました。

wanonaka.jpg

中央公園に車を停めて、鶴田駅方面に向かって歩きました。通りは、いろいろな木が植えられて歩行者と自転車の専用になっていたので快適に歩けました。通り沿いの皆さんのお庭もいろいろな植物や木が植えられていてこの通りとマッチングしていていい感じでした。

nakayosidoori.jpg

所々に表示がされていました。宇都宮市の市民憲章も記されていました。

nakayosidoorihyouji.jpg

鶴田方面から戻ってくるときにこんな風景を目にしました。踏切の後が残っていました。もともとこのコースは専売公社のタバコ輸送用のトロッコが走っていたところを整備したのでわざと残したのかなと思いました。

humikiriato.jpg

街の中も、ゆっくりと歩いてみるといろいろな発見があり楽しいものです。ふと気づいた建物や表示など歴史的な意味が込められているのを実感できます。時間さえ許せば、肥満体型の自分を改造する機会にもなります。
23 : 15 : 53 | ウォーキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
落合公民館講座ピザ作り教室
2011 / 06 / 05 ( Sun )
私の住んでいる地区の落合公民館では、地元住民と公民館が協働で大谷石のピザ釜を作りました。地域学習圏会議で落合の地元の素材をアピールできるものはないかと検討されて多くの地元住民や企業等の協力を得て完成したものです。また、設計には公民館隣の落合中学校の教頭先生も協力してくれました。

今回の東日本大震災でこの公民館も大きな被害がありました。現在は危険なため立ち入り禁止になっています。隣の中学校の体育館の一室をかりて公民館と支所の仕事を続けている状況です。こんな状況なのにこのピザ釜はびくともしませんでした。今日は、釜ができてから毎月第1・第3日曜日に継続的に行われている落合名物「ピア教室」の様子を見に行ってきました。ちなみにこの講座毎回30人を超える申し込みがずっと続いているそうです。見学者も含め、多いときは50人以上も集まっているそうです。

最初にピザ生地を作ります。

kijitukuri.jpg

生地をねかせている間にサツマイモやタマネギ、ジャガイモを焼きました。大変好評だったオニオン丸ごと焼きです。新タマネギは火が通るととっても甘く、塩をかけて食べると最高でした。

onionn.jpg

ここの公民館では汗をかきながら館長自らが釜の火の管理をしてくれています。一人では大変だと思って森ちゃんも手伝ってきました。

pizakama.jpg

この教室で学んだ方々は、時には隣の落合中学校で学校支援ボランティアとして活躍しているそうです。子ども大人もなんか生き生きしていますね。

gakubora.jpg

できあがりのピザは、こんな感じです。グツグツしながら焦げたチーズの匂いがなんともいえません。気になる方は、ぜひ一度おいでください。申し込みがなくても見学は自由にできます。

pizakannsei.jpg

今年は、ピザ釜作りの講座もあるそうです。ピザ釜を作りたいという希望が約10カ所出てきています。地区によっては、日光市の街づくりの補助金を活用して本格的な釜を自治公民館の敷地に作る予定もあるそうです。また、中学校でも地元住民に声をかけてピザ釜を2基作るそうです。落合地区がピザ釜の街になる日もそう遠くないような気がします。
18 : 20 : 30 | 落合地区情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
勝道上人修行の地、ツツジの名所古峰ヶ原高原
2011 / 06 / 01 ( Wed )
5月31日(火)の午後に代休を取り、鹿沼市の観光ボランティア養成講座で今年度新たなコースに入れる予定の古峰ヶ原高原に行ってきました。古峰ヶ原高原は、鹿沼市と日光市の境目にある標高1,300mの高原台地です。日光開山の祖勝道上人修行にゆかりの史跡やツツジやズミの名所になっている古峰ヶ原湿原があります。

半日しか時間がないので急ぎの山歩きになりました。往復8km程度を約3時間ほどで歩きました。ここが登山道の入り口です。

tozanndouiriguti.jpg

登山道に入ってすぐに「へつり地蔵」がありました。江戸時代に若い修行僧が厳しい修行に耐えきれず、逃げてきてこの場所で捕らえられて殺されてしまったのを哀れんだ地元の人々が建てたと言われています。「へつり」の意味は山中の絶壁や川岸の厳しい場所をさします。

heturijizou.jpg

30分ぐらい登ると古峰ヶ原湿原に到着します。台風の通り過ぎた影響で山道には、カバの木の実や様々な若葉、ヤマツツジ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオの花が落ちていました。古峰ヶ原湿原は、ズミとヤマツツジが見頃で素晴らしかったです。ここには、無料で泊まれる避難小屋の古峰ヶ原ヒュッテとトイレがあります。時間が許すなら泊まってビールを飲みながら星空を眺めたいなと思います。

situgenntohyutte.jpg

zumitubomi.jpg

時間がないので休憩もそこそこに3枚石を目指しました。ツツジの木々の中を登っていくと尾根に出て平らな道になります。さらに進むと3枚石に着きます。神様のいたずらか大きな石を3枚積み重ねたように見えるのが本当に不思議です。この付近では「マイズルソウ」が咲き始めていました。

maizurusou.jpg


sannmaisihi.jpg

今来た道を戻って再び古峰ヶ原湿原に向かいました。ヒュッテの前の道を西に進むと「深山巴の宿」に着きます。
「深山巴の宿」は、勝道上人やその弟子たちが厳しい修行を積んだところです。特に厳寒期の修行は過酷であり、衰弱死した修行僧も少なくなかったと伝えられています。残念ながらバッテリー切れで写真が撮れませんでした。
またの機会を考えたいと思います。

ここは、鹿沼市でありながら奥日光同様に豊かな自然を残しています。歴史的に意味のある史跡もあり皆さんにはおすすめしたいコースです。古峰ヶ原湿原へは登山道を歩かなくても直接車で向かうこともできます。高齢者など山道歩きが難しい方は「古峰ヶ原湿原」と「深山巴の宿」を歩くだけでもいいでしょう。ただし、ゴミを残したり、植物を採集したりするなどくれぐれも豊かな自然環境を壊すことのないようにはしてほしいと思います。
23 : 31 : 21 | 鹿沼市観光ボランティア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うつのみや自然探検隊開校式
2011 / 06 / 01 ( Wed )
5月28日(土)に宇都宮環境学習センターで「うつのみや自然探検隊」の開校式が行われました。
第1回は、概要説明とネイチャーゲーム体験を通しての参加者同士の交流でした。晴れれば素晴らしい自然体験をしていただけたはずなのに残念ながら雨でした。

晴天時に予定していたプログラムを変更しました。当初の予定では、
①はじめましてのビンゴゲーム
②同じものみっけ
③2グループ交代で目隠しトレイルとカモフラージュ
④落ち葉の下を調べよう
でした。

宇都宮ネイチャーゲームの会のいがちゃん、たまちゃん、しおちゃんと相談して雨天時バージョンで対応しました。
①じゃんけんゲームで仲間づくり
②はじめましてのビンゴゲーム
③ふくろの中あてゲーム
④2グループ交代で動物ヒントリレーとカモフラージュ

ふくろの中あてゲームでは、みんなどんな自然界のものが入っているのか各自が手でさわって当てました。何が入っているかドキドキしながらさわって感じました。

hukuronakaate.jpg

動物ヒントリレーは、各グループに分かれてヒントの書かれたカードをバトンの代わりにしてヒントを集めて3種類の動物名を当てるゲームです。引いてきたカードのヒントによって答えまでたどり着く時間に差が出ました。

doubutuhitnnto.jpg

カモフラージュは、外の芝生で行いました。雨が上がり、少しの時間でも屋外で活動できてよかったです。今回は4階からその様子を写真に撮りました。カモフラージュは、自然の中に隠された人工物を探すゲームですが、上から様子を見たのは初めてです。おもしろい写真が撮れました。

kamohurajyu.jpg

今回参加の各家族の方々は、環境教育に対する意識も高く、各家族がそれぞれ豊かな体験をお持ちのようでした。講座全体を受講することによってさらに環境を大切にしていくことの大切さを体感してもらえるかと思います。講座全体を通して様々な体験活動を盛り込んでいただいた環境学習センターのスタッフの方々のすばらしさも感じました。
22 : 12 : 50 | ネイチャーゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第1回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将の野遊び」
2011 / 06 / 01 ( Wed )
5月22日(日)に第1回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将の野遊び」をニュー霧降キャンプ場で行いました。天候が心配でしたが、参加者とスタッフをあわせて54名の参加者でした。

この活動も今年で12年目になります。毎年、第1回の参加者を迎えるとボランティアスタッフもこれだけ喜んで参加してくれる子どもたちがいるんだと実感し、「今年もやってよかったな」と感じています。今年は、大学生ボランティアが白鴎大学から1名、国際医療福祉大学から4名と一気に5名も増えてうれしいかぎりです。



出会いのつどいをやってから仲間づくりのゲームをしました。「じゃんけんムカデ」と「すき焼きじゃんけん」をやりました。「すき焼きじゃんけん」は、とっても盛り上がりました。

nakamadukuri1.jpg

nakamadukuri2.jpg

次にグループに分かれて食べられる植物探しをしました。タンポポの花やタラの芽、ヤマブドウの若葉、カキドオシ、フキなど見つけました。タラの芽とりの上手なグループもありました。

taranome.jpg

ヤマブドウの実もおしいけど、若葉の天ぷらもいけます。

yamabudou.jpg

シロヤシオやズミの花も咲いていてきれいでした。

zumi.jpg

食べられる植物探しが終わる頃、雨が強く降り出しました。天ぷらうどん作りは、屋根の下でできるのでよかったです。天ぷらを揚げる係とうどんのつゆを作る係、うどんをゆでる係を分担しました。

tennpuara.jpg

tuyutukuri.jpg

yudeage.jpg

まきを燃やして調理したので煙が目にしみましたが、できあがりは最高だったようです。どのグループもおいしくいただいたようです。スタッフの中には事前研修の時よりおいしいという感想もありました。やっぱり大勢で苦労しながら調理して食べるのはいろんな意味で特別なダシが効いているのかなと思います。

kaisyoku.jpg

午後は、雨がやまなかったので雨天時のプログラムを実施しました。杉板焼きクラフトをやりました。杉板を焼いたり、ポスカで色をつけたりしながら壁飾りを作りました。木の実や小枝を飾りにつけた子もいました。みんな夢中になって取り組んでいたので話し声もあまり聞こえませんでした。できあがった作品をみんな大切に持ち帰ってくれました。

sugiita.jpg

sakuhinn.jpg

最後に別れのつどいを行いました。

wkarenotudoi.jpg


次回ののびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将のカヌーに挑戦キャンプ」は、8月27日(土)~8月28日(日)の1泊2日で行う予定です。内容は、菖蒲が浜キャンプ場でテント泊、ナイトハイク、中禅寺湖でカヌー体験、ミニハイキングなどです。参加費は7,500円です。カヌーをこぐのに体力も必要なので参加対象は4年生以上になります。ナイトハイクでは、シカに会えるかもしれませんし、カヌー体験ではいつもと違う視点で周りの景色も見られると思います。奥日光の豊か自然を体験したいお子さんはぜひ参加してください。
20 : 43 : 36 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
宇都宮環境学習センターの保全林で下見
2011 / 06 / 01 ( Wed )
5月14日(土)にうつのみや自然探検隊に依頼されたネイチャーゲームの下見に行ってきました。
場所は、宇都宮市と上三川町と下野市の境目にある宇都宮市環境学習センターです。
この施設の周りにはすばらしい林が保全林として残されていました。

保全林の様子

けっこう太い木が残されていて、植物の種類も多くすばらしい環境でした。特にこの「イヌシデ」の樹皮の模様は見事でした。「イヌシデ」は年を経ると白い模様がみごとに浮かび上がってくるのが特徴です。

イヌシデ

この季節の特徴ですが、白い花を咲かせている植物と様々な幼虫に出会いました。ありもたくさんいてこの森が豊かなことがよくわかりました。宇都宮ネイチャーゲームの会の玉ちゃんと塩ちゃんと当日もこんな天気だと参加者もいろいろ体感できるねと話をしながらプログラムを組みました。

白い花

なんかの幼虫

ところでこの幼虫がなんの幼虫かわかりません。知っている方がいたら教えてください。よろぴく!

07 : 16 : 58 | ネイチャーゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |