涼しすぎる宮川渓谷
2011 / 07 / 31 ( Sun )
7月31日(日)時間があまりない中、矢板市の県民の森公園のハイキングコースの一つである宮川渓谷を歩いてきました。この間の台風が通過してからまるで梅雨の末期のような天気が続いています。気温も18.5度と少し肌寒いくらいでした。

miyakwakeiokou1.jpg

珍しい寄生植物に出会いました。ナラタケの菌と共生する「オニノヤガラ」に出会いました。

oninoyagara.jpg

木のうろには、マスタケも生えていました。昨年は、日光市の国立公園内で見つけてバター炒めにして食べました。新しいものはけっこうおいしいです。名前の由来は、マスの肉に似てオレンジ色だからだそうです。

masutake.jpg
スポンサーサイト
22 : 13 : 01 | 登山・ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子どもの居場所スマイルはうすイベント「木の実のクラフト」のお手伝い
2011 / 07 / 31 ( Sun )
7月30日(土)午後から日光市のかましん4階にある「スマイルはうす」のお手伝いをボランティアでしてきました。本当は、先週の予定だったけど、ボランティアスタッフの都合で今週と交代しました。今週は、夏休みの工作の宿代にもなる木の実や小枝を使ったクラフト作りがイベントとして行われました。森ちゃんの大好きな分野なのですごーく楽しみにしてました。申込者が20名だったので一人一人のフォローができて良かったです。

kinomikurahuto2.jpg

もう一人のボランティアは鹿沼市自然体験交流センターのスタッフのOちゃんでした。Oちゃんも普段から指導している方なのでとっても優しく教えてくれました。

kinomikurahuto1.jpg

森ちゃんは、この活動が大好きです。どうしてかというと自分で好きな材料を選び、自分で考えて世界に一つしかない作品を創り上げることができるからです。工作キットにはないオリジナル性と創造性が子どもたちに目の輝きを与えてくれます。今回もとってもステキな作品に出会いました。森の動物たちのツリーハウスです!

sakuhinnrei.jpg


20 : 55 : 42 | ボランティア一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
グリムの森でネイチャーゲームと戸室山登り
2011 / 07 / 24 ( Sun )
7月24日(日)の午前中は下野市のグリムの森でネイチャーゲームのお手伝いをしました。宇都宮ネイチャーゲームの代表のIちゃん、Mさん、MSさん、Kさんと一緒にやりました。今日のプログラムは以下のとおりです。
①じゃんけん握手ゲームでアイスブレイク
②ノーズ
③動物探しゲーム

④私のパレット(花や植物の色水探し)

wtasinoparetto.jpg

⑤目隠しトレイル

mukakusitorail.jpg

天候にも恵まれて、外で活動しながら実際に身近な自然を体感して活動できて良かったです。次回は11月6日(日)です。今回参加した皆さんがまた来ていただけるとうれしいです。

午後は、大谷の戸室山に登ってきました。戸室山の頂上を目指すには、、鳴雷神社である戸室神社の石段を登ります。神社に着いたら拝殿の後ろに回り込んで頂上を目指します。

tomurojinnjya.jpg

玉岩からは、日光方面がよく見えます。

tamaiwanikkouhoumenn.jpg

戸室山の頂上です。標高は228mです。見晴らしは良くありません。

tomurosanntyou.jpg

東へ尾根を50mほど行くと宇都宮方面の展望が素晴らしいです。しかもヤマユリが何本か咲いていて百合の香りが漂っていました。

utunomiyahoumenn.jpg

oniyuri.jpg

戸室山は、往復1時間半程度で時間もかからず、デブ解消を目指す森ちゃんにとってちょうどいい散歩コースでした。
22 : 58 : 45 | ネイチャーゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第2回「日光学・きらりびと養成講座」川俣編
2011 / 07 / 23 ( Sat )
7月23日(土)第2回日光学「きらりびと養成講座」が行われました。今回の会場は、川俣地区です。元日光市役所職員で栗山地区文化財専門調査委員会委員長の平英一氏にお話を伺いました。今回の参加者は26名でした。
午前中は、川俣公民館で平先生から川俣の歴史や若者組のしくみ、石焼き、鹿猟などについて講話をいただきました。

tairaeiiti.jpg

平氏に捕ってきていただいたサンショウウオ
sannsyouo.jpg

午後は、川俣公民館から川俣湖を経由して平家塚まで歩きました。二本松広場では、石焼きの説明を聞きました。
石焼きに合った石を選んで今年度実施した後が残っていました。

川俣湖(奥鬼怒温泉郷方面)
kawamatako.jpg

石焼きの説明
isiyaki.jpg

途中で見られた終わり間近のイワガラミ
iwaqgarami.jpg

真っ赤なクマイチゴ
kumaitigo.jpg

「上人の池」では、おいしい湧き水が飲めました。冷たいけどなんとなく甘くてまろやかな口当たりです。
syouninnnoike.jpg

ゴールの平家塚の説明
heikeduka.jpg

平先生は、自ら地域を知るために「若者組」に入って伝統芸能の獅子舞を継承したり、石焼きを復活させたりしながら伝統文化を若者たちにつなげていきました。また、猟師の仲間入りもして伝統的な鹿猟も伝えてきました。地元の伝統文化を若い世代に伝えるとともに記録をDVDに残すなど地元の良さを残していこうとする熱い思いと実行力には感動です。やっぱり、地元の良さを残していくのには地元に住んでいる自分自身が自ら動くことが大切なんだなと改めて感じました。

23 : 58 : 59 | 日光学・きらりびと養成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第2回のびのび子ども遊び学び教室「ガキ大将のカヌーに挑戦キャンプ」
2011 / 07 / 20 ( Wed )
第2回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将のカヌーに挑戦キャンプ」のチラシができたので紹介します。
いつもは、ニュー霧降キャンプ場が会場ですが、今年は活動にカヌーを入れたので奥日光の菖蒲が浜キャンプ場が会場となります。参加者大募集中です。なお、申し込みは8月1日(月)~8月11日(木)の期間になります。また、お手伝いをしてくれるボランティアスタッフも募集中です。

H23dai2kaiomoote.jpg

H23dai2kaiura.jpg


22 : 38 : 27 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
金精峠から温泉ケ岳へ
2011 / 07 / 18 ( Mon )
7月18日(月)日光市安良沢周辺の地域住民と安良沢小が協働で子どもたちの健全育成のために行っている「あらさわふれあいパーク」の活動に同じ職場のMちゃんとバナナを差し入れして急いで奥日光に上がりました。

今回は、金精峠から温泉ケ岳を目指しました。金精トンネル手前の駐車場に着いたのが10時過ぎでした。このコースは金精峠までのルートが一番きついです。でも、峠から見下ろす湯の湖と戦場ヶ原は、最高です。峠周辺には高山植物も結構咲いています。

湯の湖と戦場ヶ原・男体山
金精峠から湯の湖と戦場ヶ原

クルマユリ
クルマユリ

ヤマオダマキ
ヤマオダマキ

金精峠から温泉ケ岳に向かうとコメツガ林の中を進みます。林の中は、アズマシャクナゲの群落が見られます。6月上旬頃にここを歩くとかなり見事だと思います。今は、ハクサンシャクナゲが残っていました。また、丸沼と菅沼・群馬の武尊山連峰もよく見える所もあります。

ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ

ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ

ベニバナサラサドウダン
ベニバナサラサドウダン

丸沼・菅沼
丸沼・菅沼と上州武尊山連邦

温泉ケ岳からは、刈込湖と切込湖・太郎山などが見られます。雲行きがどうも怪しいと思っていたら着いたとたん雷鳴が聞こえました。昼食もとらずに引き返しました。

切り込み湖・刈り込み湖

駐車場に着いて着替えたとたんに大粒の雨が降り出しました。危機一髪でした。車の中でコンビニのおにぎりを食べていると前が見えないくらいの暴風雨になってました。

帰り道で、事故車に2台会いました。登っている途中で2回ほど車がぶつかったような大きな音が聞こえました。1回は、救急車が迎えに来た音も聞こえました。2回とも金精トンネルを群馬側から出て落石よけのトンネル風になっているカーブで起きたようです。警察官が誘導していました。ここのカーブは要注意です。
21 : 57 : 45 | 登山・ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
稜線のお花畑最高!流山石
2011 / 07 / 15 ( Fri )
7月14日(木)久しぶりに代休を取って山登りに行ってきました。前から気になっていたお花畑が見事な流石山に出かけました。車で運転2時間半、歩いた時間が3時間半でした。ここは、携帯も圏外で電話もつながらないので仕事を忘れて無心で大自然に身をゆだねることができるところです。

林道終点でいきなり珍しいシュウキランに出会いました。今回が何となくたくさん花に出会えそうな気がしてきました。

syoukirann.jpg

旧会津中街道を通と石畳みの後や一里塚がありました。江戸時代は、こんな急なルートを行き来していたんだと思ううとびっくりです。

isidatami.jpg

大峠に出るとお地蔵さんが待っています。江戸時代は危険も多かったでしょうから、いろんな意味でお地蔵さんがあるのでしょう。

ootougejizou.jpg

大峠からの流石山までのお花畑は、本当に見事でした。稜線に沿って様々な植物が見られました。

hanabateke.jpg

ハクサンフウロ
hakusannhuuro.jpg

イワオトギリソウmiyamaototgirisou maru

ミネウスユキソウmineusuyukisou.jpg

コメツツジkometutuji.jpg

ミヤマシモツケmiyamasimotuke.jpg

カラマツソウkaramatusou.jpg

ウラジロヨウラクurajiroyouraku.jpg

ウサギギクusagigiku.jpg

オニアザミoniazami.jpg

ハクサンシャクナゲhakusannsyakunage.jpg


一部しか紹介できませんが、本当に素晴らしい一面のお花畑でした。流石山は、茶臼岳の北西側になるので茶臼岳や三本槍岳がよく見えます。

sannbonnyari nasudake

流石山の頂上です。

nagareisityoujyou.jpg


さらに稜線を西に向かえば三倉山です。雲が出てきて雷になりそうなので今回は、行くのをあきらめました。

mitukura.jpg

ちょっと強硬な日程でしたが、すごい気分転換になりました。いってみたい山や湿原はたくさんあるんだけれど時間がなかなかとれないのが、悩みです。
00 : 47 : 35 | 登山・ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
かぬま市民活動広場ふらっと「学生ボランティアはじめのいっぽ」
2011 / 07 / 14 ( Thu )
7月12日(日)の午後にかぬま市民活動広場ふらっとで「学生ボランティアはじめのいっぽ」が行われました。この研修会で昨年度は、小中学生2名がのびのび子ども遊び・学び教室のボランティアに入ってくれました。

今年は、小学生は、スポーツ少年団の試合、中学生は、部活の練習や試合があり、参加者は4名でした。でもこんな暑い中、ボランティアについて学んだり、ボランティア体験する内容の説明を聞いたりとなんて最近の子どもたちは偉いんだろうと感心してしまいます。よく、「最近の若いもんは・・・・・・」という大人の方がいますが、むしろ自分を含め「最近のおとなは・・・・・」という気がしています。

IMG_3315.jpg

森ちゃんの若い時を振り返ればこんな感じです。
小学校時代 クワガタムシ採りとメンコ、仮面ライダーカード集めに熱中していた。
中学時代 ひたすら陸上部で走りまくっていた。
高校時代 陸上部で走るふりをして校外で遊んでいた。麻雀を覚えてよく友達と囲んでいた。
大学時代 バイトと麻雀、酒のみの日々を過ごしていた。

23歳くらいからようやく自然体験のボランティアを始めたのだから、今回の参加者に比べたら本当に遅い気がします。今の大人たちが必要なことは、小中学生のころからボランティアを始めようとしている子どもたちの意欲を大切にしてお手本となるボランティア活動を子どもたちに見せていくことが大切なんじゃないかなと思います。
20 : 35 : 14 | ボランティア一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
にのみや野外活動センターで子ども地域活動指導者研修会
2011 / 07 / 14 ( Thu )
7月9日(土)雲一つないうだるような猛暑の中、にのみや野外活動センターで研修会のお手伝いをしました。
前日は、涼しい那須高原のペンションで平成8年の講習会の同期生のメンバーと飲み会を12時くらいまでやりました。次の日の朝には朝から気温30度の県南に移動するのは、ちょっときつかったです。

午前中は、キーマカレーとナン作りをしました。指導者のKさんは、何度も試作と試食を繰り返して経験豊かな説明がありさすがだなと感じました。森ちゃんは、ナンの生地をねかせている間に仲間作りのゲームや自然とふれあうゲームを行いました。

nanntukuri.jpg

生地にチーズを入れて、いよいよナンを焼きます。ナンを焼くスタッフは、35度近い猛暑とナンを焼くかまどの火でまるで火あぶりの刑にあっているみたいです。みんな水分を補給しながら頑張りました。

nannyaki.jpg

午後は、外でネイチャーゲームを行う予定でしたが、あまりにも暑いので冷房の効いた部屋で、動物交差点とすき焼きじゃんけんをやって体を冷ましました。最後に外でカモフラージュをやって終わりにしました。暑かったけど楽しんで帰ってくれた親子が多かったので頑張ってやった甲斐がありました。
20 : 00 : 31 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第2回のびのび子ども遊び・学び教室「カヌーに挑戦キャンプ」事前研修
2011 / 07 / 03 ( Sun )
7月に入ったばかりの土日に、第2回のびのび子ども遊び・学び教室の事前研修を行いました。梅雨の末期できっと雨の中の研修になるだろうなと思っていましたが、なんと最高の天気でした。全く雨も降らず、夕立もありませんでした。

今回のメインの体験活動であるカヌーの研修を土曜日に行いました。トイレや着替えでお世話になる中禅寺湖ボートハウスです。

boorathause.jpg

講師は、任意団体団体「maru」のkさんです。普段はサッカーの指導者ですが、今年は奥さんがおめでたなのでメイン講師をお願いしました。物静かですが、素晴らしい感性をお持ちの優しい方です。

setumei.jpg

初めての経験のスタッフもいましたが、あっという間になれました。テント張って泊まる菖蒲が浜のキャンプ場前を通り過ぎ、今はなきプリンスホテルの浜辺までカヌーで移動してお昼を食べました。普段とは違った目の高さで周りの景色が見られます。

minnadesorotte.jpg

男体山もこんな感じに見えます。他にカヌーやっている人がいなかったので中禅寺湖を独り占めで満喫できました。天候もよく最高の気分が味わえました。

nanntaisantokanu.jpg

菖蒲が浜キャンプ場にテントを張って泊まりました。本番と同じようにカレーを作って夕ご飯にしました。ナイトハイクの下見と花火をやって寝ました。シカが間近に見られて良かったです。

2日目は、ミニハイキングのコース確認とクラフト活動の確認をしました。いつものキャンプ場を使わず実施するので準備が大変ですが、スタッフみんなで協力して対応し、子どもたちに奥日光のすばらしさを体感してもらい、良い思い出を作ってもらいたいと思います。

23 : 03 : 16 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>