第2回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将のカヌーに挑戦キャンプ」
2011 / 08 / 29 ( Mon )
8月27日(土)と28日(日)の2日間、奥日光の菖蒲が浜キャンプ場で「ガキ大将のカヌーに挑戦キャンプ」を行いました。申し込みは、定員近くまであったんだけど、キャンセルが多く、2日目のみ参加の参加者やスタッフあわせて35名のキャンプになりました。

初日は、アイスブレイクの後、テント設営を行いました。講師は、自然の家で長年指導の経験のあるSさんにお願いしました。

tenntosetuei.jpg

Sさんが、害虫が葉を食べる音がすると気がついた白樺に着いた大量の虫、色や形から調べるとなんとなく「チャバネフユシャク」というガの幼虫のような感じがしますが、キャンプ場のスタッフも何の幼虫かわからないと言っていました。わかる人がいたら教えてください。

tyabanehuyuedasyaku.jpg

午後は、テントを完成させてから、係を決めました。4時過ぎに散歩をしながら近くの竜頭湯来館憩いの湯に行って温泉に入ってきました。そして夕食の準備をしました。今日のメニューは、ビーフカレーとバナナケーキです。

薪を燃やして、ご飯とカレーを作りました。煙が目にしみました。ボランティアの通称マスターは、完璧なご飯を4升釜で炊きました。隣で見ていた山登りの団体のおばちゃんたちが感動して「焼きそばやるからご飯ちょうだい」と言ってきました。カレーは、同じ材料を使ったのに3グループとも材料の切り方や煮込み方でそれぞれ個性が出ましたが、味は最高でした。

karedekiagari.jpg

yuusyoku.jpg

バナナケーキも上手にできました。参加した3人娘たちのうれしそうな顔!

bananacake.jpg

片付けた後、ナイトハイキングをしました。キャンプ場が混んでいたので、期待していた鹿の群れは現れませんでした。花火をやって寝ました。

スタッフミーティングは、大人の火遊び「たき火」をしながら行いました。夕立もなく星空もとってもきれいでしたが、気温がどんどん下がって寒さを感じるくらいでした。

otonnohiasobi.jpg

2日目の朝食は、コンソメスープとウインナーや野菜を挟んでセルフサンドウィッチを食べました。朝は、雲一つない真っ青な空で気持ちよく朝食をとることができました。

tyousyoku.jpg

テントを片付けた後、班ごとに3つの活動をローテーションして行いました。まずは、一番人気のカヌー体験!
練習後、ボートハウスからテントを張った菖蒲が浜キャンプ場の近くまでを往復しました。任意団体maruの講師NさんとIさんには大変お世話になりました。

kanu.jpg

ボートハウスで石に絵を描いてラッカーを塗り、石のクラフトを作りました。みんな上手でした。

isinokurahuto.jpg

竜頭の滝までハイキングしました。一番上まで歩いたので、けっこう大変でした。案内のKさんには3回も案内してもらい大変お世話になりました。

ryuuzukaidann.jpg

今回の日程は、県内のほとんどの小中学校で夏休みが終わり、キャンセルが多く出た感じがします。また、天候が不順だったので体調を崩した子どもたちも多く、天気予報を見ても大雨の予報もあって直前のキャンセルもありました。キャンプ場まで様々な準備物を運ぶのも大変でした。また、参加費が7,500円だったのもちょっと割高感があったような反応がありました。

次年度のことを考えると、カヌーは日帰りで実施、キャンプは、今まで通り霧降で実施が良いような感じがしました。その方が、参加者負担金も少なく、参加しやすくなると思います。

いずれにせよ、様々な立場の多くのボランティアスタッフに支えられてのびのび子ども遊び・学び教室は、実施することが可能になります。スタッフ自身の力も人数的な体制も向上させて次年度はさらに楽しいキャンプにしていきたいと思います。
スポンサーサイト
23 : 36 : 56 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中禅寺湖南岸ハイキング
2011 / 08 / 21 ( Sun )
8月21日(日)日光市レクリエーション主催の「夏まっさかりマイナスイオンたっぷり中禅寺湖南岸ハイキング」のお手伝いに行ってきました。なんか朝早くからすごい雨が降っていて、4時頃目が覚めたのですが、これは無理かと2度寝してしまい目が覚めたのは、6時ちょっと前でした。携帯にも中止の連絡がないので急いで朝食をとり日光市役所に向かいました。

バスで中禅寺湖に向かう途中も、激しい雨が降っていて「マイナスイオンたっぷり中禅寺湖南岸ハイキング」というより「マイナスイオンの滝の中を歩く中禅寺湖南岸ハイキング」になってしまうなと感じましたが、実際に歩く頃になると雨が小降りになり助かりました。

nanngann1.jpg

ヤマブドウのまだ青い実やタマアジサイの花、ハウチワカエデなどのモミジ類、クマシデなどの説明をしながら何とか八丁出島の先の浜辺までいきました。森ちゃんの班には、小学生の親子もいて本当は浜辺でお弁当を広げてゆっくりと水遊びをさせてあげたいところでしたが、雨が降っていて気温も低く残念ながら無理でした。本当は、碧くエメラルドのように美しい白い砂浜見せてあげたかったけど残念でした。

nanngann2.jpg

戻ってきてから赤坂さんの説明でイタリア大使館を見ました。座っている椅子が昭和3年のままで、座り心地の違いを感じて来ました。建物の内部に竹や杉皮を取り入れてあり、暖炉も二つあるなど素晴らしい内部に感心してしまいました。

iatariataisikann2.jpg

今回、森ちゃんの班の方は、親子ではじめの参加だったり、膝を痛めていて久しぶりのご夫婦での参加だったりと不安も感じながらの方が多かったので、起伏が少なく歩きやすいコースで良かったと思います。個人的には、もうちょっと高い山を目指したいと思いますが、より多くの人に日光の素晴らしさを感じてもらうには、今回のように体力的に負担感が少ないコースを季節に応じて提供していけるといいのかなと感じました。
16 : 24 : 14 | 日光市レクリエーション協会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第2回顔の見える地域づくり実践講座
2011 / 08 / 20 ( Sat )
8月20日(土)に日光市中央公民館の顔の見える地域づくり実践講座に参加してきました。今日の講師は、日光市教育委員会生涯学習課のみっとさんでした。最初にアイスブレイクを行い、みっとさんの地域課題に関する講話を聞きました。みっとさんの感じている日光市の地域課題は以下のようなものでした。

①広域化  ②高齢化  ③自主的活動の停滞  ④地元・地域意識の低下  
⑤子どもたちの孤立化  ⑥学校の孤立化  ⑦家庭教育力の低下

P1030541.jpg

休憩を挟んで、受講者の考える地域課題を出し合いワークショップを行いました。受講者の考えた地域課題のキーワードは次のとおりです。

①交流   ②地元意識   ③子どもの遊べる安全な居場所   
④活気や働く場所がない   ⑤高齢化   ⑥自治会の活性化

P1030545.jpg

グループの話し合いでは、「交流」をテーマに考えたところが多かったようです。その解決策として出されたアイデアは次のようなものです。

①向こう三軒両隣のつがりを大切にする
②学校と地域の交流促進
③ふれあえるイベントを実施して顔の見える関係づくり(場の提供)
④大人も子どもの中に積極的に入り込んでいく
⑤組織的な活動の強化(地域のつながる力)
⑥公民館活動の活性化
⑦積極的なあいさつ
⑧悪口を言わない
⑨積極的な情報交換
⑩親の背中を見せる
⑪親子の体験や親学習の機会
⑫子ども中心の夏祭りの実施

P1030547.jpg

今日は、夏休みの宿題で中学生が3人参加してくれました。大人たちもいつも以上に積極的に意見を出し合い、改めて日光市には素晴らしい人材が地域にも日光市職員にも中学生にもいるんだなと感じてうれしくなりました。
18 : 15 : 38 | ボランティア一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たった5本しか採れなかったチタケ採り
2011 / 08 / 15 ( Mon )
8月12日(金)お盆を前にチタケ採りに行ってきました。三依地区の芹沢沿いを歩いてきました。お盆に来た親戚に振る舞えればと思ったのですが、見事に裏切られました。帰りに寄った地元の産物を売っているお店の人が「去年は隣の80過ぎのばあちゃんが林に入ったって採ってきたのに、今年はプロが採っても満足に集まらねえ」と言っていたのでまあ仕方がないかなと思いました。

仕方がないのでチタケでなく、植物の携帯写真を撮ってきました。あんまり解像度が良くないのがちょっと残念です。ちなみに芹沢は、紅葉の時期に歩くには最高です。様々な広葉樹の紅葉が見られる隠れた名所です。

青紫の可憐な花「ソバナ」

sobana.jpg

花は、とってもきれいでいい香りなんだけど、葉やくきはとっても臭い「クサキ」

kusagi.jpg

オレンジ色が目立つ「フシグロセンノウ」

husigurosennou.jpg

個人的に紫色の花が好きな「クズ」

huji.jpg

秋の花「ハギ」も咲き始めていました。

hagi.jpg

アジサイらしく咲くようになった「タマアジサイ」

tamaajisai.jpg

一足早い紅葉も見られました!

tyottohayaikouyou.jpg

山から染み出した水を集団吸引する「ミヤマカラスアゲハ」写真を撮るときにかなり逃げられましたが、30匹以上も集まっていました。見事です。

miyamakarasuageha.jpg
21 : 04 : 18 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中禅寺湖南岸ハイキング下見
2011 / 08 / 13 ( Sat )
8月8日(月)に中禅寺湖南岸のハイキングコースを歩いてきました。
日光市レクリエーション協会が、8月21日(日)に実施する「わがまちハイキング講座」のインタープリターをするためです。当日は、3つの班に分かれて歩きます。1班は、イタリア大使館の管理人である赤坂さん、2班は自然観察指導員の秋元さんです。森ちゃんは、小学生の対応がなれているので親子で参加の3班が担当です。

最初にイタリア大使館によって赤坂さんにあいさつしてきました。

itariataisikann.jpg

歩き始めると、いろいろな花やキノコ、風景に出会いました。

この、ボールみたいなのは、何でしょうか?

tamagotake1.jpg

実は、タマゴタケという食べられるキノコです。ちょっと派手で見た目は毒キノコっぽいけどダシのよく出るおいしいキノコです。天ぷらやスープ、ソテーにするとおいしいですよ!

これは、何でしょうか?

kumaside.jpg

実は、クマシデの花穂です。これが沢山ぶら下がっているのが当日も見られると思います。

そのほかの植物も紹介したいと思います。
ヤマブドウの実が膨らんでぶどうらしくなってきました。

yamabudou.jpg

タマアジサイは、まだつぼみが多く名前の由来の通り「玉」の状態です。

tamaajisai.jpg

アサギマダラがよく集まる「ヨツバヒヨドリ」です。アサギマダラは南方から2,000km以上も旅して飛んでくる蝶です。湯本スキー場にいくと沢山のチョウが集まっていて感動ものです。

yotubahiyodori.jpg

ハリギリの黄色く色づいた葉

hairigi.jpg

途中森の風景が、変わります。ブナの多い森、ダケカンバの多い森など湖だけでなく森の植生の変化も楽しいです。

bunanomori.jpg

dakekannbanomori.jpg

昼食と水遊びをする予定の阿世潟の景色です。美しい砂浜と湖の色が素晴らしいですね!

azegata.jpg

日光開山の祖、勝道上人の分骨を納めた聖地の上野島

kouzukejima.jpg

当日の天候が素晴らしいことを祈りつつ、できれば直前にもう一度下見をして、参加してくれる方々に奥日光の自然の素晴らしさを体感していただけたらうれしいと思います。



12 : 38 : 28 | 日光市レクリエーション協会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白石川で生き物調査
2011 / 08 / 09 ( Tue )
8月7日(日)に岩崎自然環境保全会で生き物調査を行いました。今年は鹿沼市や宇都宮市の境にもなっている「白石川」で行いました。白石川は、古賀志山の北側に水源あり、武子川へと流れ込む冷たく水質のきれいな川です。調査では、捕獲できませんでしたが、天然のヤマメも生息しています。

今回は、子どもたちの安全も考えて武子川へ入り込む流域で「田んぼのまわりの生き物調査」を実施しました。

ikimotyousa.jpg

捕獲した生き物は、漁協の人や森ちゃんが説明して観察会を行いました。生き物の説明を聞くのに子どもたちも釘付けです。

gokyousetumei.jpg

今回は、様々なヤゴに出会うことができました。トンボの絵本を使ってそれぞれ個性があることを説明しました。

yagotogenngorou.jpg

子どもたちは、集落センターに戻って魚つかみを行いました。今年の魚は全部イワナだったので動きが素早く捕まえるのに苦労していました。

sakanatukami.jpg

捕まえたイワナは大人のスタッフがさばいて串に刺し、焼きました。炭火で焼いたので味もすごくいい感じになりました。一人で5本も食べた子どももいました。

sioyaki.jpg

今年も新聞にまとめるので、18日の夕方5時から希望する子どもたちに集まるように伝えました。昨年同様にコンクールで表彰されるように頑張りたいと思います。
21 : 30 : 57 | 岩崎自然環境保全会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上栗山オートキャンプ場でお手伝い!
2011 / 08 / 09 ( Tue )
8月7日(土)に栗山公民館主催のジュニアリーダー研修会のキャンプがありました。栗山小学校と栗山中学校の児童生徒が参加者でした。公民館のスタッフとおやじの会のボランティアがスタッフでした。森ちゃんもアイスブレイクやテント設営、タイヤチューブでの川下り、カレー作りの飯ごうの面倒、キャンプファイアのお手伝いなどをしました。

アイスブレイクでは、じゃんけんゲームや数集まりゲーム、アブラ虫の踊りなどをやりました。

kazuautumari.jpg

テント設営が終わらないうちに雨が降ってきました。でも、とりあえず本体とフライシートはできたので、雨よけにテントへ入りました。

tenntosetueik.jpg

タイヤチューブの川下りは、迫力満点で水も冷たく最高でした。安全のためにライフジャケットとヘルメットをしていますが、大きな岩にぶつからないように所々スタッフが補助に入りました。

tyu-bukudari.jpg

カレー作りは、ご飯を炊く係とカレールーを煮る係に分かれました。森ちゃんは、飯ごうの面倒を見ました。大失敗はなく、ちょうど良いお焦げもできて良かったです。カレールーは、水の量を間違えてカレースープになってしまいましたが、ルーの元を追加したり2時間近くも煮込んで最高のカレーができました。一番食べた子は、5杯もおかわりしました。

carritukuri.jpg

gohanntaki.jpg

夜は、キャンプファイアを行いました。佐野のボーイスカウト、千葉や東京から来た一般のキャンパーなどキャンプ場の一般の方々も参加して盛り上がりました。「猛獣狩り」、「指キャッチ」「じゃんけんゲーム」「アブラハムの子」などゲームやダンスを入れてみんなで交流を深めました。

tennka.jpg

yubicachi.jpg

お風呂は、近くの「開運の湯」を利用しました。鉄分の多い赤いお湯の温泉で個人的にも大好きな温泉です。入浴後、消灯してスタッフでアルコールの力を借りながら遅くまで楽しい一時を過ごしました。栗山の方々の温かい心と豊かな大自然にふれあえた素晴らしいキャンプでした。2日目は、地元で生き物調査のお手伝いがあるので朝5時に起きて帰りました。後日聞いたところによると、ダンボールオーブンのピザ作りも大盛況だったそうです。できれば森ちゃんも2日目も参加したかったです。

pizatukuri.jpg

piza.jpg

栗山公民館のスタッフの皆さんと栗山おやじの会のお手伝いの皆さんの素晴らしい協力体制と大人たちが子どもに良い思い出を作ってもらおうと考えている熱い想い、豊かな自然環境など素晴らしい活動の様子を体感させていただきました。今後ともぜひ、活動を続けていってほしいと思いました。
21 : 04 : 11 | 自然体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |