なかなか選手が集まらないよ!第51回落合地区体育祭
2011 / 10 / 30 ( Sun )
10月30日(日)第51回の落合地区体育祭が落合中学校で行われました。未だに地区の運動会を大々的に行っているなんて本当に表彰ものです。(実際、落合公民館は今月、文科省の優良公民館表彰を受けます)でも、住民の一体感や絆を深めるには良い機会となっています。残念ながら、継続しているのは、日光市内でも市町村合併を機に豊岡地区、小林地区など数えるだけになってしまいました。

しかし、今年は、なかなか選手が集まらず、同じ人に何種目も出場してもらい何とか乗り切りました。森ちゃんは、岩崎の記録係だったけど、2年前まで体育委員だったので、自治公民館長や今年の体育委員と一緒に選手集めもやりました。今年は、特に中学生・高校生・20代の選手がいなくて苦労しました。それでも皆さんのご協力をいただいて5位になりました。でも、そろそろ選手層が薄い世代の参加を義務づける競技は、見直ししてもいい時期かなと感じました。

他の地域を含め、参加してる皆さんの協力体制は素晴らしく、学校と公民館、地域住民の連携意識は高く、落合地区の学校支援本部事業が成功しているのは、こんな地域住民の意識が深く関与しているのだと感じました。そういう意味で落合地区学校支援本部事業と落合公民館が文科省の表彰をダブルで受賞したことは地域住民にとっても誇りにしていいかと思います。

地元、手岡(ちょうか)地区の文挟流獅子舞をアレンジした落合東小学校6年生の獅子舞、伝統と子どもたちの一体感が感じられてとてもgoodです。

otiousisimai.jpg

小・中学校の一体感を醸成するために「応援綱引き」を小中一貫種目として行っています!

syutyuurekkeitunahiki.jpg



スポンサーサイト
20 : 34 : 15 | 落合地区情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
生物多様性アドバイザー養成講座に行ってきました!
2011 / 10 / 29 ( Sat )
10月29日(土)環境森林務部自然環境課で、今年度から始まった「生物多様性アドバイザー養成講座」に参加してきました。午前中に「生物多様性を取り巻く情勢」、午後に「生物多様性とちぎ戦略の基本理念と目標」、「生物多様性保全のための活動と本県の取り組み」を学習してきました。参加者には、知り合いや顔を見たことがある方がたくさんいました。森ちゃんも1年に一度は、今回のような研修に参加して新しい何かを自分のものにしたいと考えています。個人的には、物覚えが悪くて、いくら学んでもここまでというのはなく、毎年毎年が自分の勉強だと感じているからです。

ちょっと早めに家を出て、研修の前に八幡山を歩いてきました。タワー近くの立派なクスノキ

hatimannyamakusunoki.jpg

アドベンチャーブリッジ、渡りながら樹木を見下ろしたり横から見ることができ違う視点から樹木が観察できます。

adobenburijji.jpg

遊具とゴーカート乗り場のあるアドベンチャーU

adobennu.jpg

八幡山の頂上158.7m

hatimannyama.jpg

宇都宮市の東部がよく見えます。

hatimannnagame.jpg

満開になったサザンカ

sazannak.jpg

秋に咲く十月桜

jyugatuzakura.jpg

クサギの実がたくさん見られました!

kusagimi.jpg

帰りに「フェスタin大谷2011」によりました。4時過ぎになってしまったのでお客さんは少なくなっていました。夜になると、たくさんの蝋燭の灯りの中で、ジャズコンサートがあるのでまた、お客さんが増えるそうです。

hulesytaooya.jpg
22 : 48 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第3回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将の野遊び」
2011 / 10 / 23 ( Sun )
10月23日(日)第3回のびのび子ども遊び・学び教室「ガキ大将の野遊び」を日光霧降高原のニュー霧降キャンプ場で行いました。心配した雨は上がってくれましたが、地名の通り霧に囲まれて赤や黄色に色づいた山々を見ることはできませんでした。でも、真っ赤に色づいたモミジや鮮やかな紫のリンドウなど秋の自然にふれることができました。

dai3kainobinobi.jpg

真っ赤に色づいたモミジ

momiji.jpg

出会いの集いの後、恒例の仲間作りゲームを行いました。今回は、「じゃんけんゲーム」と「タイタコゲーム」をやりました。楽しく仲間づくりができました。

nakmadukuritaitako.jpg

各班ごとにキャンプ場内を歩いて、午後のリース作りの材料を探しました。

最近、めっきり見かけなくなった青紫色がきれいなリンドウ

rinndoukirihuri.jpg

ヤマブドウの実が熟していました。

yamabudoukiri.jpg

野外炊飯場に戻ってから、たこ焼きのタネをみんなで作りました。粉を混ぜるときにだまができないように頑張りました。

takoyakitanetukuri.jpg

事前研修で、腕を磨いたボランティアがたこ焼き名人となって各グループでみんなにたこ焼きの技を伝授しました!

takoyaki.jpg

午後は、自分たちで拾ってきた材料を生かしながらリース作りをしました。みんな思い思い秋の材料を使って世界で一つだけのマイリースを完成しました。

ri-su1.jpg

ri-su2.jpg

ri-su3.jpg

今回の「ガキ大将の野遊び」は、事前研修の反省を生かして準備や手順もばっちり進められていて、時間にも余裕がありました。ゆったりとした素晴らしい秋の一日を過ごすことができました。主担当のみっとくんと事前研修に参加したボランティアスタッフの力のおかげで、日光霧降高原の素晴らしさを参加者に提供できました。

次回の第4回のびのび子ども遊び・学び教室は、「ガキ大将の雪遊び」です。
①期  日 1月29日(日)
②集合場所 日光市中央公民館の駐車場に集合してバスに乗り、戦場ヶ原へ
③活動内容 クロスカントリースキーを履いて森の中をハイキング、そり遊び
③参 加 費 貸しスキー代、昼食代、バス代、活動費を含めて4,000円
④申込期間 平成24年1月4日(水)~1月14日(土) ※定員になり次第締め切り

なお、事前研修を1月9日(月)に行います。ボランティアとしてご協力いただける方、興味のある方はお問い合わせください。
18 : 59 : 57 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子どものもりフェスティバル2011
2011 / 10 / 16 ( Sun )
10月16日(日)宇都宮ネイチャーゲームの会の皆さんと宇都宮市冒険活動センターの子どものもりフェスティバル2011のお手伝いに行ってきました。宇都宮ネイチャーゲームの会では、カモフラージュと目隠しトレイルをやりました。10月は、いろいろな行事が各地で行われているので、ちょっと参加者が少ない感じがしました。

カモフラージュ、MさんとIちゃんが担当しました。道沿いを歩きながら人工物を探します。歩きながらできるので好評でした。見つからない方が何度も挑戦していました。

kamohurajyumorihuesu.jpg

目隠しトレイル、森の中を目隠しながらロープを伝って歩きます。足元や手のひらの感覚が研ぎ澄まされます。KさんとTちゃんと森ちゃんで担当しました。

mekaksuitoreirumorihuseu.jpg

その他の場所でも様々な体験コーナーがありました。

火起こし体験

maigirihiokosi.jpg

篠竹鉄砲作り

sinodakedeppou.jpg

命綱をつけて綱渡り

tunawatari.jpg

天候にも恵まれて、素晴らしい一日でした。金管五重奏や弦楽四重奏の「もりのコンサート」もステキでした。もっと沢山の方に来ていただけると演奏する方々も励みになるのかなと感じました。
19 : 54 : 57 | ネイチャーゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第5回日光学・きらりびと養成講座
2011 / 10 / 16 ( Sun )
10月15日(土)第5回日光学・きらりびと養成講座に参加してきました。今回は、藤原地区の文化財専門委員会委員の樽井トミ先生に「地元に自分ができること」という演題で午前中に講話をいただき、午後はバスで藤原地区の文化財等を見学しました。

樽井先生の「地域のために何ができるか」の講話

taruitomisensei.jpg

樽井先生の講話にまちづくりのいくつかのキーワードがあったので紹介します!

①縦社会や抵抗勢力に負けないで活動を継続することが大切
②捨てる物にも価値がある
③自分が楽しみながら人の役に立つ
④まちの中を明るく楽しく
⑤やる気を起こさせる何かをしなくてはいけない
⑥大きなことをやるのは難しいが、身近なことから始める
⑦活動を継続するには強制しないで仲間を増やす
⑧押しつけないで生涯学習やボランティアを理解してもらう
⑨やれるときに学習することが大切
⑩地元のお宝をどう生かすかそれを使える人を育てる

戊辰戦争で激しい戦いのあった小原古戦場跡

obarakosennjyousetumei.jpg

小原沢不動尊(小原自治会のお守り)

obarahudousonn.jpg

鬼怒岩橋から見た名勝大滝

ootaki.jpg

まぼろしの高徳陣屋跡

jinnyaato.jpg

地震のため鳥居が崩落の危険があり見学できなかった小佐越滝尾神社
ユニークな狛犬と彫刻が素晴らしいということです。

kosagoetaiinojinnjya.jpg

藤原公民館に帰ってからのふりかえり

hurikaerizenn.jpg

今回の講座では、多くの方が樽井先生の生き方そのものに感動し、共感し、刺激を受けたようでした。明るく楽しいまちにするために何かを変えるためには、自らが動き出すことが大切であることを学びました。
18 : 33 : 56 | 日光学・きらりびと養成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
落合中学校美術の学校支援ボランティア
2011 / 10 / 16 ( Sun )
10月13日(木)地元落合中学校の学校支援ボランティアコーディネーターさんから依頼があって美術の授業の学校支援ボランティアをやってきました。落合中学校は、学校敷地内の間伐材や木の実を利用してクラフトを作る美術の授業を実施しています。講師として地元明神の福田さんを中心に工具の支援補助で森ちゃんを含め、4名で対応しました。途中で、塩谷町の社会教育委員さんたち20名ほどが、学校、公民館、地域の連携の様子を視察に来ました。

福田さんの作品です。福田さんは、自宅で釜を持ち、陶芸をやっている方です。

作品例1

作品例3

他の3名のボランティアでで次のような支援をしました。
バーナーで杉板を焼く活動の支援

杉板焼き補助

キリや電動ドリルで穴を開ける支援

穴あけ支援

ノコギリやナタの使い方の支援

ノコギリ支援

できあがった1年生の生徒さんの作品

生徒作品

様々な材料を使って、生徒一人一人の発想で個性的で素晴らしい作品ができあがりました。これらの作品は、学校祭で全作品が展示されるそうです。
17 : 28 : 07 | 落合地区情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
かぬま市民活動広場ふらっと5周年記念式典
2011 / 10 / 02 ( Sun )
10月2日(日)仕事でも、ボランティアで活動している「のびのび子ども遊び・学び教室」でもお世話になっている「かぬま市民活動広場ふらっと」の5周年記念式典に行ってきました。

式典では、最初に代表の青田さんのあいさつがありました。鹿沼市長は、来週の「鹿沼ぶっつけ秋祭り」の準備をする各町内へのあいさつなど大忙しでランチパーティーのときにあいさつにみえました。

記念講演では、「市民活動が描く未来」と題して、鹿沼市出身の柳田邦男氏が、ボランティア活動について講演をされました。森ちゃんの高校の大先輩でもあるし、絵本作家の奥さんも鹿沼市の祭りを取り上げてくれたりと本当に最近は地元を大切にしていただいてうれしいです。ちなみに今回の講演料も東日本大震災の被害者に寄付するとのことでさすがです。会場には75歳になる同級生がお見えになっていて鹿沼市の誇れる人物の一人であると改めて実感しました。

yanagida.jpg

kinnenkouennyanagaida.jpg

終了後、ランチパーティーが行われました。同じテーブルの方々とも名刺を交換し、つながりを改めて確認してきました。8月末現在で「ふらっと」の登録団体数は、326団体です。「ふらっと」の良さは、なんといっても駄菓子屋があって小さな子どもを連れたお母さんやお父さんも訪れることです。一昨年、近県の市民活動支援センターの調査を行いましたが、その中でも気軽に入りやすい雰囲気はダントツだと思います。

lunnchparty.jpg

今年は、東日本大震災による福島からの避難されてきた方々の受け入れや被災地への支援、県内に残った方々への支援と忙しく、講座の開設も大変です。しかし、鹿沼市にはなくてはならないことも東日本大震災によって感じた方も多かったと思います。今まで以上に鹿沼市民をリードしてまちづくり・人づくりを進めていってほしいと思います。森ちゃんもいつもまでも応援しながらお世話になりたいと思っています。




20 : 35 : 20 | のびのび子ども遊び・学び教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
足尾の備前楯山に登ってきました!
2011 / 10 / 02 ( Sun )
10月1日(日)足尾の備前楯山に登ってきました。当初は、那須の朝日岳などを登る予定でしたが、日頃の不摂生のため、のどの痛みと左耳の痛みがあったので午前中は病院に行ってきました。午後は、体を動かしたいと思い、近場での山登りとなりました。

備前楯山は、慶長15年(1610年)備前の国の農民がこの山から銅を見つけたことから名前がつけられたそうです。「楯」とは鉱脈を指しているそうです。

「舟石」のある駐車場!
足尾銅山を開発した古河市兵衛が、船の形をした岩を見て「舟石」と地名をつけたそうです。このあたりには、一番多いときで47戸の家があり農業を営んでいました。

hunaishis.jpg

木立の中に入る前の登山道沿いには「センブリ」が生えていました。とっても苦いんだけど実際には薬効成分がないそうです。

sennburi.jpg

行程の3分の2ほどは、ササに覆われた木立の中の登山道を進みます。

bizenntatesasa.jpg

歩いている最中に突然落ちてくる「ミズナラ」のドングリ

mizunaradonguri.jpg

一足早い紅葉「コミネカエデ」

kominekaede.jpg

片道40分ほどで頂上に着きました。

bizenntatetyou.jpg

頂上の眺めは、感動ものです!男体山、社山、黒檜岳から皇海山まで奥日光の山々が見られます。また、日本で初めての「公害」で山肌があちこちで見えている松木渓谷もよく見えました。

bizenntaetyoubou.jpg

30分ほどであっという間に下山しました。市営の国民宿谷「かじか荘」で「美肌の湯」に入って帰りました。ここの温泉に入ると肌がなめらかになるのが実感できます。

いつも感じますが、日光市には本当に素晴らしいところがたくさんあることを改めて感じます。距離も短く急な登りも少ないので若葉の頃も、紅葉の頃もお勧めのコースです。

19 : 12 : 37 | 登山・ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |